大河ドラマ西郷どん!個人的に気になる俳優さんをチェックしてみた!

テレビ番組実況

本日、2018年1月7日から放送が開始される大河ドラマ「西郷どん」
気になりすぎて思わずNHKさんから発売されているガイドブックを買ってしまった(笑)
今日は個人的に気になる出演俳優陣をチェックしていきます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

主役、鈴木亮平(すずきりょうへい)さん!

朝ドラに出演されていたようですが、そのことは知らず。
ただ「天皇の料理番」のお兄ちゃん役がかなり印象的。
自由奔放な主人公とは違い、一心に勉学に励み長男らしく生きる鈴木亮平さんの役はまっすぐで誠実でした。
天皇の料理番の時代には、こういう考えの方がたくさんいらっしゃったんだろうなー。と考え深かったです。

そんな鈴木さん。実は語学が堪能で世界中を旅することが好きなんだとか。
それが縁なのか、動物難組や世界遺産番組などでも目にする機会が多いです。
うろ覚えだけど、英語だかドイツ語の弁論大会かなんかで優勝していたような。めっちゃあやふや。
役によってありえないくらい体重を増減させることが話題になりましたよね。
知的なイメージの鈴木さんですが、人間臭い西郷隆盛をどう演じるのかが楽しみ!

受け身になる演技を心掛けて撮影に挑む!

大河の主役にいつか出演したい!と考えていた鈴木さん。
ですが、今回の大河では自ら前に出ない受けの演技を心掛けていらっしゃるようです。
なんでも西郷隆盛が大切にしていた「克己」という考えを尊重しているのだとか。
克己とは、自分の欲望、邪念にはじめから打ち勝てる人間はいない。という意味です。

あの激動の時代に自分の欲望だけでなく人々のために奔走した西郷隆盛。
その西郷さんの生き方を尊重した鈴木さんの考えが素敵だなと感じました。

細かい所までこだわった演技に注目!!

NHKのガイドブックを読むまで知らなかったのですが、西郷隆盛は幼い頃に右腕を負傷。
満足に刀を振れなかったそうです。
はじめて知った事実。この事実を忠実に再現して、右腕の動きを計算されて演じているようです!
こだわりがスゴイ!まずは演じる役を調べて実践するところに真面目さが出ていますよね。

塚地武雅 (つかじ むが)さん!!

塚地さんの下の名前を初めて知りましたが、むがって言うんですね。
なんだかお笑い芸人らしくないお名前(笑)
塚地さんってなんだか好きなんですよね。
役どころは西郷家に仕える使用人です。ただの使用人ではなく西郷隆盛の世話をし、信頼も厚い人物です。
塚地さんがこの役を演じるにあたり、子孫の方からお手紙をいただいたそうです。
熊吉(役名)さんの人物像をかなり詳しく教えていただいたようで、感動したようです。

たぶん、塚地さんと鈴木さんのやり取りなんかで和ませてくれるんでしょうね。
お笑い要素もあったりして(笑)

黒木華ちゃん(くろき はる)!!

天皇の料理番、そして真田丸にも出演!
着物姿以外見たことないんじゃ?ってくらい時代劇にピッタリな方ですよね。
めっちゃ、ほんわかしてて好き。
でも役は凛としたしっかりして女性像が多いですよね?もしかしたら黒木さんもどこかそんな部分があるのかもしれませんね。

撮影現場はアドリブが飛び交う和気あいあいをした雰囲気!!

鈴木さん曰く、現場はかなりアットホームなんだそう。
作品自体も西郷さんと家族、そして仲間との絆や関係が重要になってきます。
隙あらばアドリブを入れてくる方がいらっしゃる、とインタビューに答えていました。
相当、楽しそうですね。そしてどれは誰なのでしょうか?

まとめ

今回は楽しみ過ぎる大河ドラマ「西郷どん」について記事化しました。
第一話目はどうぢても説明だけになってしまいがち。どんな内容でどんなスタートなのか気になります。